ニキビケアに効果のあるビタミンCの選び方や効果

ニキビや肌荒れには特に栄養が一番大事だと言われています。栄養バランスが良ければやはり皮膚も健康を保てますし、不安定な肌の時にも栄養バランスが取れてこそ改善しやすくなります。そのたくさんある栄養の中でも特に大切だと言われているのはビタミンCです。このビタミンCは、ニキビの肌荒れだけではなく、しみやそばかすなども防ぎ、コラーゲンも促進し、肌のくすみをなくしキメを細かくしてくれる、肌にとっては万能とも言える成分です。

しかし、体から摂取する場合も、コスメを顔に使う場合にも、様々な選び方があるのもビタミンCの特徴です。実際に食事の中でも一番ビタミンCが含まれていると言われているのがレモンだと思う方もおられるかもしれませんが、レモンよりも赤ピーマンや黄ピーマンの方がビタミンCは多く含まれています。

アセロラ果汁もビタミンCは多いと言われているのですが、それよりもやはり赤ピーマンや黄ピーマンの方が多いです。このようなカラフルなピーマンは生でも食べれるので、良い状態のビタミンCを摂取しようと思った時には効果的です。さらに以外にビタミンCが多いのがのりや煎茶です。こちらは100gも摂取するのは大変ですので少量の摂取からになりますが、肌の事を考えれば色々な食品からもビタミンCは摂取しておきたいものです。

さらに、肌のケアの為に使う事の多いビタミンCですが、ビタミンCであるL-アスコルビン酸は、とても不安定で酸化しやすく肌に浸透しにくい側面がありました。しかし、最近では水溶性ビタミンC誘導体や油溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体・APPSなど肌にも浸透しやすいタイプのビタミンCの種類は豊富にあります。
参考:ビタミンC誘導体化粧水

選び方などは配合されている美容液の成分などにより、肌への効果もだいぶ違います。実際にこのビタミンCは肌に合うけれど、別のメーカーは合わない、そんな事も少なからずあります。ですから、ビタミンCは特に自分の肌に最も合う物を慎重に選んでから使った方がやはり良いですし、毎日の肌の状態を見ながらビタミンCも使っていく事がニキビケアの場合には特に重要です。

治りにくいニキビの治し方

ニキビは、甘いものや脂ものの食べすぎによるものやストレスからくるもの、思春期などにできたりする場合が多くあります。

そういった頑固なニキビの治し方としては、洗顔を朝晩しっかり行うことにあります。
肌にある脂分をしっかり落とすことで、ニキビの出来やすさが変わります。

潰したりしてしまうと痕が残ってしまう原因になるので、絶対にやめましょう。

自分の肌に合った洗顔や化粧水、乳液でお手入れすることで少しずつニキビも減ってきます。

おでこにニキビが出来た場合、大半の女性は前髪で隠しがちですが、実はそれは避けた方がいいもので、おでこは出しておいた方がニキビの治りも早くなるのです。

女性にとって、肌荒れやニキビはお肌の大敵であり、化粧のノリも変わってきてしまうので、お手入れはマメに正しく行うことが大切です。

洗顔の仕方もネットでしっかり泡立てた泡を顔に乗せ、泡をつぶさずに洗うことが重要です。

こすったりしてしまうと逆効果になるので、気をつけましょう。

お肌はとても敏感なところなので、丁寧に洗っていきます。

正しい洗顔フォームで行うことでお肌の仕上がりも変わるのでぜひ試してみてください。

ストレスによるにきびは、ストレスが軽減していくことでだんだんと減っていく場合がほとんどですが、そういった場合はため込まずに色々な人に相談するようにしてストレスから回避できるようにしましょう。

参考:ニキビ化粧水

ニキビがあると鏡を見るのも嫌になってしまったりしやすいですが、あなたの顔の手入れ次第で変わるので、深く悩む必要はないのです。

いつものやり方と少し変えてみる、それだけでもニキビ軽減につながっています。

誰でもニキビはなりうるものなので、本来ならできる前に予防線を張るのがいいでしょうが、出来てしまったらそうなってからの手段があるので、あまり悩まないようにしましょう。

肌トラブルを少しでも減らして自分の肌に自信が持てるように、毎日の洗顔に力を注いでみてもいいかも知れませんね。