2020年版!!ニキビケアの口コミの本音のネットまとめ

当たるの?占いって本当に役に立つの!?

私が試した実際に良い電話占いをまとめました!

試すなら絶対に当たる電話占い1位の電話占いにしてください!
おすすめの当たる電話占い
不倫も復縁も片思いも全部叶います♬

ニキビケア口コミ1

食事とニキビはやはりとても関係のある物だと思います。特に脂性肌の人がたくさん油脂の入ったものを食べ続けると、肥満するだけではなくやはりニキビも出たり、栄養不良が続くと口内炎が出来たりする事もあります。食べる物を間違えれば肌や内臓にも負担がかかり、血液にも良い栄養素が流れなくなり、それが原因で肌の抵抗力もなくしてしまいニキビや肌荒れの原因にもなるのです。

実際に私が経験したのは胃腸の不良によるニキビです。しばらく胃腸の調子が悪くなり便秘になってしまった事があるのですが、その時にはかつてないようなアゴニキビと歯肉炎が同時に発生してしまいました。食事にはとても気を遣っていた方なのでびっくりしてしまったのですが、自分の体が消化しにくい物を摂取するとどんなに体に良い物でも肌トラブルを起こすのはその時に初めて知ったのです。

私の肌荒れの為の食事はかなり万全で、繊維もよく摂取するようにしましたし、さらにお米にも雑穀米などを取り入れていました。しかし、ダイエットをしていたので食事の量が不十分なのか、やはり便秘は収まる事がありませんでした。ですから他のニキビだけは良くなってもアゴニキビだけは食生活を変えても効果がなかったのです。実際にアゴニキビはとても胃腸とも関係があると言われていて、多分普段から便秘により腸内環境が悪いのも原因だと思いました。

ちょうどアゴニキビで悩んでいたのと同時期に、デトックス効果が高いと言われる発芽玄米のフレーバーを食べるようになりました。もともと大気汚染などが気になりフィチン酸を摂取したかっただけなのですが、アゴニキビにはこの発芽玄米フレーバーがよく効きました。粒子が細かいのでとても摂取しやすく、消化不良にもなりません。GABAも効果的に摂取できますし、ビタミンB群がとても豊富です。食物繊維も豊富なので便秘も改善できますし、胃腸のバランスが整いアゴニキビも改善しやすいので、私は定期的に粉のまま手に乗せて食べるようにしています。

ニキビケア口コミ2

私のニキビのでき方はとても特徴的で、髪に触れる部分は殆どがニキビになる事が多かったです。多分その部分だけが髪と接触していまい、皮膚が脂性になってしまっているのだと思うのですが、前髪を下ろさないヘアスタイルはおでこが狭いのでやりたくないですし、このニキビも悪化すると跡になってしまうのでどうしようかととても迷っていました。

とりあえず前髪は美容院でも肌にかかりにくいようになるべくすきバサミでカットをしてもらいました。長さも眉よりも短く、スタイリングの時にも浮かせるように注意しています。さらに、ニキビケアの為にと思いまずやってみたのはおでこの部分の洗顔です。朝洗顔する時におでこの部分は入念に泡を立てて行いました。

また、シャンプーやコンディショナーなども改善しました。シャンプーはやはりシリコンや油分が多いと肌にも悪いと思い、石鹸タイプの物を使う事を検討しました。色々と石鹸シャンプーを使ってみましたが、きしみの出る物も多くやはり普通のシャンプーを使うしかないかと思った事もあったのですが、色々と試していくうちに自分の肌に合った物を見つけたのです。

私の場合は、M mark アミノ酸せっけんローズマリーシャンプーという石鹸シャンプーが髪にも肌に合うのでこちらを使うようになりました。さらにコンディショナーには同じ松山油脂のM mark アミノ酸ヘアウォーターを使っています。さらに、ヘアケアをする時には充分にすすぎもしています。今まではさっと洗い流すだけだったのですが、シャンプーブラシを使い余分な油脂が肌にかからないように気を遣っています。

このシャンプーを変えただけでも私のおでこ部分のニキビは本当に改善しました。今まで使っていたシャンプーやコンディショナーには、肌に合わない保湿成分が入っていたのかもしれません。それだけではなく、なるべく髪を洗った後に入念におでこ部分を刺激の少ない洗顔料で洗っている事もあり、私のニキビはだいぶ改善してきたと思います。

ニキビケア口コミ3

ニキビや吹き出物は一見しただけでは大して違いが分からないように思います。
私は肌に出来ているものがニキビなのか吹き出物なのか、それとも肌がただ単に荒れているだけなのか、何度か悩んだことがあります。
症状が似通っているので違いというものがよく分からないのです。
調べてみるとどうやらニキビは二十歳前に出来るものを指し、二十歳以降に出来るものを吹き出物というようです。
要は大人ニキビのことを吹き出物というみたいで、そこまで大した違いは無いのかもしれません。
症状としては同じようなものらしいので、ニキビなのか吹き出物なのか悩む必要はなさそうです。
ただそれならそれで、もっとそのことが分かりやすい名称にしてほしかったと思います。
ニキビと吹き出物では受ける印象が違うので、症状もまったく別物だと勘違いしてしまいます。
二十歳前と二十歳後で呼び方が違うのだということがよく分かる名称であれば悩むことはなかったのにとつくづく思います。
例えば安易ではありますが、二十歳前ニキビや二十歳後ニキビといったものです。
これなら名称から二十歳前に出来るニキビが二十歳前ニキビ、二十歳後に出来るニキビが二十歳後ニキビと意味がすんなりと入ってきます。
ニキビと吹き出物という名称に分ける理由はいくつかあるみたいですが、その一つとして原因の違いというものが挙げられます。
ニキビの原因は成長ホルモンのバランスの乱れや皮脂の過剰分泌で、吹き出物の原因はストレスや食生活の乱れ、不規則な生活などです。
原因が違っても現れる症状が同じというのはちょっと不思議な気もします。
ですがそれこそがニキビと吹き出物という境界線を引いた理由なのだと思えば、その不思議さはあまり気にならないです。
ニキビと吹き出物の原因の違いにさえ気をつけておけば、両者それぞれの対処の方法も分かるというものです。
自分の生活を見直して、原因を解明できれば、ニキビや吹き出物を改善する方法というものは見えてくるはずです。

ニキビケア口コミ4

毎日の食事で栄養をしっかり摂る事は、エネルギーを補給するだけでなく、体が持つ機能を正常に働かせるためにも必要不可欠です。毎日の食事となると、短時間で済ませるもの、ファーストフード、コンビニで手軽に調達できるお弁当やお惣菜などに走ってしまいがちです。
特に仕事で忙しい日々を過ごしている場合には、食事の栄養面よりも簡単に食べられる食事という基準になる方も多いのではないでしょうか。しかし、食事の1食、1食の栄養はとても大切で、健康面だけでなくお肌の状態やニキビ予防にとっても意識する必要があります。

ニキビやお肌の再生に欠かせない栄養素は、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛など)、コラーゲン、食物繊維などです。
ビタミンB2は、卵、乳製品、うなぎ、海藻類に多く含まれます。皮脂分泌を抑える働きがあります。ビタミンB6は、魚類に多くまぐろ、かつおが代表的です。ビタミンCは緑黄色野菜、果物に多く含まれています。コラーゲンの生成を促す働きが期待できます。ビタミンEは、うなぎ、レバー、緑黄色野菜に
含まれます。ミネラルは、チーズ、牛乳、昆布、牡蠣、カシューナッツなどにふくまれます。ホルモンのバランスを整える働きがあります。そして、お肌の再生であるターンオーバーを促して正常にする事ができます。
コラーゲンは、鶏皮や鶏軟骨、牛筋肉に多く含まれ、新しい肌細胞の材料として、細胞にしっかりと送り届ける働きがあります。

このようにしてみると食べる食材も多いですし、メニューなどの面でも毎日食べるものを意識する必要があるのが分かります。毎日の食事メニューに反映させるとなるとレパートリーもものすごい量になりますね。
出来るだけ食材から摂る努力をして、不足しているなと思われる栄養素についてはサプリメントなどで補うのも良いです。
ただし、摂りすぎると逆効果となる栄養素もあるため拭くようする際には用法を守る事が大切です。仕事先などにも持ち歩ける点で手軽です。

ニキビケア口コミ5

ニキビといえば思春期の頃に出来るものだ、と私は思っていました。
思春期の頃、同級生や同い年の友人の肌に赤いニキビが良く出来ていました。
しかし、私には思春期にニキビの出来たことはありません。
ですので、一生ニキビと関係ない人生を送るものだ、と早合点してしまいました。
二十代になり、就職しました。
すると、ストレスからか体質が変わったのか、ニキビが口元にできるようになったのです。
思春期にニキビができなかったので、私はニキビに対する知識が全くありませんでした。
「潰せばいいんだ」と安直に考え、ニキビが出来る度に潰していました。
そのうち口元だけではなく、頬にまでニキビが出来ました。
洗顔に気をつけたらいいのかな?と思い丁寧に顔を洗うようにしました。
しかし一向に赤みは収まりません。
会う友人皆に「ニキビできる体質だったんだね」と驚かれました。
正直友人にも会いたくなくなりました。
見える部分にこんなにニキビが出来るなんて…。
写真も撮られたくありません。
母親から「皮膚科にいってみたら?」といわれてしまいました。
頬がもうぶつぶつが沢山あり、治りかけがクレーターのようになっていました。
近所にある皮膚科は物凄く腕はいいのですが、つける薬が独特の色をしているので行きたくなかったのです。
しかし「背に腹はかえられぬ」と意を決し皮膚科へ行きました。
すると先生が「薬をうけて治すことも出来るけど、ニキビっていうのは体の中に原因があることが多いから、時間はかかるけど漢方薬を試してみる気はないか?」といわれました。
今までこの肌で我慢してきたんだ、多少時間がかかっても治るならいいや、とやけっぱちになっていた私は「はい」と返事をしました。
そこで出していただいた漢方薬が「当帰芍薬散」です。
薬の飲み方がヘタなのか最初はとても苦かったです。
舌に残ってしまうのです。
「これで改善されるなら」と半月ほど毎日毎食後飲みました。
すると肌から赤みが引いてきたのです。
新しいニキビも出来なくなりました。
さすがにクレーターまでは治らないだろうなぁと思っていたのですが当帰芍薬散には血の巡りを良くさせる効果があるらしく、そのおかげもあってクレーターもなくなりました。
あれから十年くらい経ちますが、全くニキビは出来ていません。
良薬口に苦し、とはよく言ったものだな、と思っています。

ニキビケア口コミ6

私も主人もよくニキビができます。
私は口のまわりやおでこ、主人は頬や胸、背中によくできます。
私がニキビに悩み始めたのは小学校高学年からです。
当時の私は極度のオイリー肌で、おでこによくニキビができていました。
周りにもニキビで悩んでいる子が多かったのですが、その多くがニキビを潰してしまっていました。
実は私もその一人で、ニキビを潰すのが快感になってしまい、辞められなかったのです。
その結果ニキビは炎症して悪化してしまっていました。
高校生のころに友達がニキビ治療のために皮膚科に通っているというのを聞き、同じ皮膚科を受診してみることにしました。
週に1回通い、その時はかなり改善されました。
社会人になってからはなかなか皮膚科に行けず、またニキビができ始めました。
ストレスもニキビの原因になっていたのかもしれません。
幸い肌に合うニキビケア専用の化粧水や乳液、洗顔に出会うことができ、以前ほどニキビができなくなりました。
一方、主人は未だにニキビができやすいです。
主人は泊りがけの出張が多く、外食や飲み会も非常に多いのもニキビの原因になっていると思います。
ストレスも多く、生活リズムが不規則なのも原因の一つでしょう。
家で食事を摂れるときはなるべくバランスの良い食事を心がけています。
タニタ食堂のレシピを取り入れることもあります。
出張が少ないときはそのような料理のおかげかニキビがかなり改善されています。
また、お風呂では必ず湯船に浸かるようにしています。
主人は胸や背中のニキビが多いので、湯船に浸かることで体を清潔にし、ニキビ改善を図っています。
入浴剤を入れるとより効果的です。
私は塩やお米のとぎ汁など、どの家庭にも必ずあるものを入れています。
我が家には3歳の息子がいるのですが、おそらく思春期になったらニキビで悩むことになるでしょう。
その時は正しいスキンケアや食事、入浴などによって、一緒にニキビ対策をしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です